外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2009/10

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

来月

FXダイアリー

米国のレバレッジ規制(100倍と25倍) 11月30日から

2009年10月22日(木)

本年11月30日から米国でもレバレッジ規制が始まります。そのもととなったのが、米国NFA(Thomas W. Sexton氏、Vice President and General Counsel)からCFTCコミッション(David A. Stawick氏、Office of the Secretariat、Commodity Futures Trading Commission)に対して2009年2月23日に出したレバレッジ規制にかかる修正案のようです。ちょっと古いですが、以下はそのときの修正案の提案に添付されていた説明書を大まかに意訳したものです。本年11月30日にレバレッジ規制が始まるまでの業者と規制当局とのやりとりの過程がちらりと見えます。文中{ }は私のコメントです。

これでアメリカのレバレッジは最大100倍です。それより注目するのは業者の資本金が2千万ドルないと(もっと細かい条件は以下もしくは次号にて)FX業者になれないことです。だからアメリカには中小のFX業者が存在しないわけです。たぶん投資家を守る意味で、この資本金による規制が一番効果的なのではないかと思います。日本のパブコメでも一部の業者から同じ案が出ていましたが、素通りしていますね。

http://www.nfa.futures.org/news/.%5CPDF%5CCFTC%5CFRSec12_IntNotc021909.pdf

Re: National Futures Association: Forex Security Deposits - Proposed
Amendments to NFA Financial Requirements Section 12 and Interpretive
Notice Regarding Forex Transactions
February 23, 2009

説明 EXPLANATION OF PROPOSED AMENDMENTS

メジャー通貨(英ポンド、スイスフラン、カナダドル、円、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル、スウェーデンクローナ、ノルウェークローネ、デンマーククローネ)は1%、その他は4%分の担保を顧客から徴収すること。ただし、業者の資本金額が規定(約20億円)の150%以上であればその限りではない。{ちなみにカナダの規制当局は、このリスクカテゴリーをさらに増やして3段階に分けている。}

2003年にセクション12を採択したときはメジャー、その他で、2%、4%であった。これは当時のIMM{先物取引所}の必要証拠金と同じである。

同規制を実行するにあたり、業者にヒアリングをしたら、メジャー通貨に2%はどうかという意見が多かった。{世界中の}業界全体として1%が普通であり、米国だけ2%にすると競争力が衰えると憂慮を表明してきた。そこで、同規制の施行を延期し、ひとまず1%でおこなう業者を観察することとしたわけである。

観察の結果、結論としてメジャー通貨については1%でよいと判断した。例外規定としては前回と同じく、150%以上の最低自己資本額がある業者であるが、ただし、その業者が最低自己資本額の2倍を満たすよう要求される場合を除く。

NFAがこの例外規定を採用したとき、最低自己資本額は25万ドルであった。しかし、最低自己資本額(*)の大幅な引き上げがあったことを考慮し、2008年8月に、NFAは上記の例外規定の閾値を200%から150%に下げた(最低自己資本額は、2008年8月時点では5百万ドルだが、2009年5月までに2千万ドル{約18億円}まで引き上げられる)。

{ここでいう自己資本は、一定の条件で調整された資産額マイナス負債で計算される。日本の「固定化されない自己資本」とアプローチは似ているが、資産に含む外貨に対するヘアカット等細かい部分で違いがあり、米国会計基準上の Net Capitalともニュアンスが違うらしいので、そういう意味で大まかに理解していただきたい。}

しかし、ボード{NFAの本改正案提案者}は引き続き証拠金レベルについての調査は継続し、最終的に違う形での提案をおこなうべきであることは認識し、その調査は次の2点に焦点を当てた。 一つ目は、IMMの証拠金と当規制におけるそれとどのように比較するかで、2つ目は、個々の業者によっておこなわれるレバレッジの実態の調査研究である。現在のIMMの証拠金は当時セクション12が採択されたときに比べかなり高くなった。 2008年12月24日時点で、メジャー通貨の証拠金の平均は5.6で、レンジは3.5%から8.2%であった。その他の通貨の証拠金は、IMMでは8.1%であり、そのレンジは、3.2%から12.5%であった。

取引所の証拠金と比較して、必要証拠金の主目的はディフォルト(返済不能)を起こす顧客の損失を業者がこうむることを防ぐことである。また、その額が大きくなると、その業者のみならず、その業者に預託している他の顧客の資産にまで影響を与えかねない。

業者の調査、これには不足が発生する前に顧客のポジションを決済するシステムを採用している業者も含むが、その結果にもとづき、取引所の必要証拠金にくらべかなり低いが、NFAは1%、4%の必要証拠金のままで業者とその顧客にかかるリスクに対応できると現時点では判断する。

一方、NFAは高いレバレッジによって容易に、顧客が想像するよりも早いスピードで、顧客資産が消滅(その結果強制ロスカット)することを憂慮する。業者21社中、例外対象となる{150%以上の資本金を持つ}8社のうち、1社は700倍のレバレッジを提供している。4社は400倍、2社は200倍そして1社が50倍である。例外規定に属さない業者のうちの1社も50倍である。より高いレバレッジを提供するほどより多くの苦情がNFAへやってくる。50倍のレバレッジの業者にそういうことはおきていない。

これらの統計から、100倍をこえると濫用{広義での管理上の不能状態と理解するが}が始まり問題が発生し始めることを示唆している。本修正案は、1%、4%はそのままだが、例外規定をはずした。本修正後においては、いかなる業者にもメジャー通貨において100倍を超えるレバレッジを顧客に与えることは許されず、それ以外の通貨は25倍までとなる。これにより、業者の資本金規模にかかわらず、しかし、その資本規模であるがゆえに、IMMのそれよりもより高いレバレッジを提供できる状況は維持される形でのOTCのFX事業環境が約束される。

NFAのFCMアドバイザリーコミッティーもこの修正に同意している。NFAはまた、この修正案を業者に送り、そのうち8社から意見を受け取っている。大きな顧客を抱える1社はこの修正案に賛成している。その業者はメジャー通貨を50倍のレバレッジでおこなっている。この業者は、顧客からさらなるレバレッジを要求されても、それは顧客の利益に合致しないとしてはねつけている。もうひとつの業者は、例外規定の削除に賛同している。しかし、レバレッジは200倍までを望んでいる。海外の業者との競争上の視点からそう主張する。他の5社もレバレッジを100倍にすることで国際競争力を失うと危惧している。今回の修正案に反対する意見のいくつかが国際的にレバレッジは200倍であると主張する。200倍は許容範囲であるという。ほかにも、ハイレバレッジを利用して近接したストップオーダー(close-in stop order)を置けるという利点を失うとして反対する業者もある。

寄せられるコメントには、その他の代替案も提案されている。たとえば、有効なリスクマネジメント機能を提供する場合は例外として200倍を認めるとしてほしいとか、米国居住者に限ってほしいとかである。しかし、こういう例外を作ることは更なる問題を引き起こしかねない。

最後に3つの手紙が取引所の証拠金体系とOTCのそれとの比較において問題を提起している。これらの手紙は、業者が取引所取引にくらべOTCにおいては、さらに大きなコントロールを有する3つのポイントを指摘している。業者のシステムは一般に自動的に顧客のポジションをロスカットすること。OTCのFX市場は連続すること。つまり、当日のクローズと翌日のオープンにギャップがないこと。そして、マーケットメイキングにより価格の管理能力が働くことである。

これらのコメントを精査した後、NFAは今回の修正が、業者の提供するレバレッジにおいて、顧客保護の観点から最善であると判断する。上記説明のとおり、取引所との違いについてはすでに考慮されている。そして、その結果OTCにはより高いレバレッジを与えることとしている。

競争の観点の問題については、現在2社が自らレバレッジ50倍とし、例外規定に適応していない業者は100倍でおこなっている。これは、100倍の規制があっても市場で受け入れられることの証左と考える。さらに、レバレッジ規制によって、close-in stop loss orderを置く行為が困難になる問題は、むしろNFAが懸念する、ハイレバレッジにより顧客が理解する以上のスピードで一気に資産を消滅させてしまうという問題が解消されるという効果があると認識する。

以上、NFAはコミッションに対して本修正案を認めていただくようお願いする次第である。

{最後フッターにこうある。}
* The proposed amendments to NFA Financial Requirements Section 12 and the Interpretive Notice regarding Forex Transactions become effective November 30, 2009.
FX取引にかかるNFAフィナンシャルリクワイアメント、セクション12についての修正提案と、解釈上の説明は2009年11月30日から有効となる。




Posted by 尾関高

プロフィール

尾関高

尾関高

1986年名古屋大学経済学部卒業。1988年サンダーバード経営大学院(アリゾナ州、米国)卒業。主に日短エクスコにて約9年間、インターバンクの通貨オプションブローカーを経験し、1998年からひまわり証券(旧ダイワフューチャーズ)にて日本で最初に外国為替証拠金取引をシステム開発から立ち上げ、さらに、2006年5月に、これも日本で最初にCFDを開始した。
その後米国FX業者でのニューヨーク駐在や、帰国後日本のシステム会社勤務等をへて、現在は、日本の金融システム会社勤務。そのかたわら、本業のみならず、FXや新たな金融市場にかかわるさまざまな分野においても積極的に意見具申中。
拙著に、「マージンFX」(同友館、2001年2月)と「入門外国為替証拠金取引〜取引の仕組みからトラブル防止まで〜」(同友館、2004年6月)、また訳書「CFD完全ガイド」(同友館、2010年2月、著者:デイビッドノーマン)がある。

検索

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始