外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2016/12

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

来月

FXダイアリー

[第228回] 12月26日と1月2日を営業するかしないか

2016年12月21日(水)

インターバンクのマーケットメイカーの特定の取引日にレートを流す流さないの方針は結構まちまちになっているが、今回の年末年始においては、世界的にクリスマスの25日が日曜なので26日が振替休日みたいになっていることと、来年元旦1月1日が日曜なので2日が振替で休みになっていることが特徴的である。日本の場合、銀行窓口は3日まで休みになるので実質4日から営業となるもののインターバンクとしては2日から始動する。

これらを受けてインターバンクのFXのレートクォートするしないの判断は私が調べた限りでは、パターンとして3通りある。まず26日は休む(a)というところと、通常通り(b)というところ、そして日本時間午後5時まで(c)というところがある。一方1月2日は、休む(a)、通常通り(b)、日本時間午後4時から開始(c)があるようである。これらを受けて店頭FX業者側は、26日は午後3時〜5時までとし、2日は休むというパターンに収斂しそうな雰囲気がある。

さて、結果どれであっても論点としては、

@FX業者が休んでいるがインターバンク市場は細々ながらも開いているというときの投資家がかかえる潜在的市場リスク
A翻って、相場が再開したときに大きなギャップがあると4%以上の実現損が強制ロスカットによって生まれ、その結果業者側に押し付けられる引当金という負債
B逆にその細々としたインターバンク市場が開いているため業者があえて営業している(客が取引できる状態でかつ証拠金過不足チェック機能が働いている)ときに出すレートのスプレッドがインターバンク側、業者側それぞれどれくらいワイドになるか。

年末年始のイベントが絡む時期のテロリスクがなくなったわけでもなく、世界のどこかで金融市場を揺るがす事件が起きないとは言えない。テロでなくてもBrexitなどこれほどいびつな相場の動きを見るにつけ誰か何かを仕掛けてきはしないかと身構えてしまう。インターバンクの普段より薄くなった流動性の上でレートが大きく動いているのが見えていても業者が休みになっていれば投資家は何もできない。それが有利ならラッキー、不利なら最悪の新年を迎えることになる。当然最大の防御は、クリスマスまでにいったんポジションを閉じるかレバレッジ2倍レベルまでポジションを縮小することであり、それぐらいのリスク管理意識は持ちたいものである。

0.3銭固定を標ぼうする業者にしてみれば、その時のカバー先のベストスプレッドが例えば30銭とか1円に広がっていたらとてもではないが0.3銭固定のレート提供はできない。だからと言って同じレベルまで広げれば、レートの水準としては変わらないのにストップ狩りのような現象を引き起こしかねない(だから私は常々証拠金余力計算は別次元のものとして仲値で時価評価する方法も検討に値すると言っているが)。そいいう懸念がある以上、業者側としてとりあえずお休みにするというのは仕方がないことかもしれない。それら両方のことを考慮するなら上述のようにこういうときだけ証拠金計算(=強制ロスカットや追証計算)用のロジックは仲値を使うというモデルにスイッチして、とりあえず場を開ける、ということができるのが柔軟性に富んだやり方かもしれない。

では私自身一投資家としてどうかというと、自分の業者が休むのならその前にポジションは全部閉じるか、少なくとも10%ぐらいの相場変動にびくともしない(あるいは後悔しない・・・)レベルまでポジションは減らしておく。

業者側において、1月2日をまるまる休みにするのは、12月31日がどう終わるかによって変えられるといいのだが、現実的にそういうどっちつかずの直前決定ということはしづらいだろうから、今の段階で決めると、“休む”になる。その代わり業者が負うべきリスクは、業者は休むがインターバンクは動いている時に相場が大きく動いたら顧客から苦情が殺到するということを覚悟し、それなりの対応準備をしておくことになる。

取引所と違って店頭はこういうあいまいさが常に付きまとう。だけに人間的で柔軟で私は好きである。

▼尾関高のFXダイアリーをご覧のみなさまへ
このFXダイアリーで取り上げて欲しい話題、また尾関さんに書いてもらいたいテーマなどあれば業界内外問いませんので、「件名:FXダイアリーへの要望」として info@forexpress.com までご連絡ください(コラムへの感想でも勿論結構です)。



Posted by 尾関高

プロフィール

尾関高

尾関高

1986年名古屋大学経済学部卒業。1988年サンダーバード経営大学院(アリゾナ州、米国)卒業。主に日短エクスコにて約9年間、インターバンクの通貨オプションブローカーを経験し、1998年からひまわり証券(旧ダイワフューチャーズ)にて日本で最初に外国為替証拠金取引をシステム開発から立ち上げ、さらに、2006年5月に、これも日本で最初にCFDを開始した。
その後米国FX業者でのニューヨーク駐在や、帰国後日本のシステム会社勤務等をへて、現在は、日本の金融システム会社勤務。そのかたわら、本業のみならず、FXや新たな金融市場にかかわるさまざまな分野においても積極的に意見具申中。
拙著に、「マージンFX」(同友館、2001年2月)と「入門外国為替証拠金取引〜取引の仕組みからトラブル防止まで〜」(同友館、2004年6月)、また訳書「CFD完全ガイド」(同友館、2010年2月、著者:デイビッドノーマン)がある。

検索

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始